なりたいもの

8月 24th, 2018
|

少し前の七夕の時期に、保育園から短冊をいただいた。

昨年の娘はまだ、“願いごと” の意味がいまいちよく理解できていない様子だったから、

親から娘に宛てたメッセージのようなものを書いた。

さてさて今年はどうかな、とわくわくする気持ちを抑えながら

「ここに願いごとを書くんだよ。どんな願い事にする?」と娘に聞くと、

ぽか〜んとした表情。

そうか〜、“願いごと”なんてワードは日常的に使うものではないし、

そもそも君は毎日が全力で、今が一番大切だもんね。

では、

「願いごとってうのは、将来なりたいものや人や事のことを言うんだけど、

やえは何になりたい?」

と聞いてみる。

そしたらう〜んと少し悩んで

「ママになりたい!!」

と。

なんとなんと!きっと娘はおままごとの延長でママになりたいと言っているだけのことなのだと思うけど

ママ=私になりたいと言ってくれているようで、私は嬉しくもありちょっぴり恥ずかしい。

ありがと。

 

その後もまだ「ママになりたい」気持ちは変わっておらず、

家でも保育園でも、おなかから人形を出して

「あのね!この子はおなかから生まれた赤ちゃんなの!」

「あ〜バブちゃん抱っこなのね〜」

なんて言って、いっちょまえにお世話しているのがおもしろい。

先生からは「やえちゃんは主婦になってます。」と言われ

ぷぷっと笑ってしまった。いっちょまえの主婦。

 

子どもっておもしろい。一体何考えているんだろうかと子育てに悩むことはしょっちゅうだけど、

きっといつも、今を素直に生きているだけなんだろうなとも思う。

 

写真は、

いつも私が書いている「今日のやることリスト」を真似している様子。

小さな主婦、、、というより、小さなおばさん。