SITRUUNA #2

5月 7th, 2020
|

扶桑社から発売しております、

「SITRUUNA #2」(シトルーナ)

にて“はじめてのリーディンググラス”のページを撮影させていただきました!

 

リーディンググラスとは老眼鏡のことで、早い人は30代からはじまるそう。

わたしはもともと目がとっても悪いのですが、最近はさらに近くのものを見るときにあれ?ピントが合いにくい?と感じる時もあり、

この取材でまずは眼科へ行こう!!と決心しました。

老眼鏡も今はとても素敵なものがたくさん!

常に掛けるものではないから、ちょっと冒険してフレームを選んでも楽しいなぁと思います。

 

リーディンググラスをつくる体験をしてくださったのは、グラフィックデザイナーの葉田いづみさん。

どれも似合いすぎて素敵でした。

ライターは赤木真弓さん。赤木さんも眼鏡が似合いすぎて!その姿にキュンとしてしまいました♡

眼鏡屋さんめぐり、楽しかったなぁ。

 

他ページでは、表紙にある

“がんばりすぎずに、ひとやすみ”

と、これまでにない今の環境に不安やストレスを感じてしまうカチカチの心を、

すっと解きほぐしてくれるような文章と写真、今こそぜひ、読んでほしい雑誌です。

ゆるゆるした気持ちになれますよ〜。